少しの美容で実装可能な85のCSS小技集
少しの美容で実装可能な85のCSS小技集
ホーム > > 妊娠線はできる。でも、予防を心掛けることもできる。

妊娠線はできる。でも、予防を心掛けることもできる。

妊娠線は、クリームを塗って終わりではありません。皮膚を掻かないことが大切です。
急激な体重増加や皮膚の乾燥で進んでいきます。
最近、スタイリッシュな妊婦にあこがれる人が多く、体重の増加を極度に制限するという話も聞きます。
3-4kgまでに抑えましょうというのは肥満の妊婦にお話しすることであり、標準体重の方は、7-10kgを目安とします。
妊娠線を気にされる方は、クリームや口コミで良いといわれるものを購入し、できそうなところに塗るでしょう。
主に塗る部分は太もも、おしりあたりでしょうか。
あとは二の腕や首周りにもできますし、腹と脚の付け根に黒ずんでできています。
妊娠中の急激な体重増加に気を付け(むくみなどだと、妊娠高血圧や妊娠糖尿病等別問題になります)ることが第一です。
あとは、皮膚の乾燥に注意してください。体重増加に皮膚が追い付かず、さけるようにできていくのが妊娠線です。
特に、お腹は大きくなっていくのと同時に、ショーツの刺激に敏感になっているのでとても痒い感じを受けると思います。
そこを、服の上からとか掻いてしまうと余計に乾燥が進み、出産後何とも残念な皮膚の色になります。傷を作ることになってしまいます。
参考にするならこちら⇒【妊娠線の悩み】いつできる?どこにできる?気になる妊娠線ケアがおすすめです。
もし、痒いならちょっと席をはずして、保湿クリームを塗ってください。それだけでも、妊娠線を予防できますよ。